奨学金の利用

奨学金の利用

子供を育てていると、お金って本当にかかるものです。
子供一人を育て上げるのに必要なお金は大学卒業までに最低でも2千万円と言われています。
私立や医学系大学などになれば3千万以上らしいです。
子供一人につき2千万ということは、子供が2人の場合、単純に倍額になり4千万。3人の場合は6千万。驚きの金額ですね。

 

普通にサラリーマンの父親がいる家庭でも何千万もかかるとなれば、家計は大変です。
実際にお金がないから大学進学をあきらめる家庭も多いと聞きます。大切な子供の道をお金がないということで、閉ざしたくないものです。
だからといって、消費者金融でお金を借りてやりくりするのも、大変なもの。
そこで利用したいのが「奨学金制度」です。

 

奨学金制度とは、「学力や能力があり進学する意思もあるのに、家庭の経済的理由で進学が出来ない子供を進学させる制度」です。
学校入学に必要な入学金や学費などを、国や民間団体が貸し出してくれます。
教育ローンは親などの保護者が借りる立場になりますが、奨学金は学生自身が借りる立場となります。
また、奨学金制度では「卒業後から返済可能」というメリットもあります。学生時代はお金のことを気にせずに、勉強に集中できますね。
さらに自分自身が借主なわけですから、自分のために頑張って働こう!という気持ちにもなります。子供を育てるうえでも精神的に良い教育となることでしょう。

 

学校によって扱っている奨学金制度に違いがあるので、利用したい場合はそれぞれの学校に問い合わせてみてください。